架空請求してくる

料金の確認をする

料金の記載があるのかどうかは必ず利用する前に確認する

お金はトラブルの元になりやすい

出会い系サイトに登録をして利用していたらいきなりお金を支払って下さいといった内容のメールが届いてしまったというケースがあります。

難しく長い文章で書かれていて「最後通告」とか「強制徴収」と言ったような文字が出てくると人は不安になりますよね。

インターネットに詳しい人であろうとも不安になりますからあまりインターネットが得意ではないと言う人からしてみれば本当に払わなくてはいけないのかって思ってしまいますよね。

これが悪徳業者の手口であり、架空請求してくるので十分に注意をしましょう。

出会い系サイトでは18歳以上の年齢確認が必要となりそのために色々な手続きを行う必要があります。自分の身分証明書を写メに撮って送ったり、FAXで送信をしてから確認を取るというやり方があるのですが、この時に自分の住所や名前を伏せないまま送ってしまったために悪徳業者は架空請求をしてきます。

出会い系サイトの運営会社が顔写真や名前、住所を聞いてくると言うことはありませんので騙されないようにしましょう。

もし書面で届くようなことがあった場合は簡単に支払ってしまうのではなくて生活消費者センターに相談をしたり、弁護士に相談をしましょう。

一度でも安易に払ってしまうとその後はずっと支払い催促が届くようになりますので気をつけましょう。

↑ PAGE TOP