長すぎる文章

読み手側の気持ちを考える

送って満足するのではなくて受け取った側の気持ちを考えよう

シンプルで読みやすさを心がける

出会い系サイトを利用する時に女性は完全無料で利用できるところが多いですが、逆に男性の場合の多くはメッセージを送るたびにいくらかかかります。

1回送るごとにかかる料金はそこまで高いと言うわけではありませんが、塵も積もれば山となります。あまり金銭的余裕がない人からしてみればなるべく利用料金を抑えるためについつい長すぎる文章をおくってしまいがちです。

1回のメールでなるべく自分の情報量を詰め込みたいですし、長く送ればその分アピールに繋がると思ってしまいがちです。しかし、長すぎる文章というのは送る側は満足できるかもしれませんが、受け取った側からしてみれば非常に見るのが面倒に感じてしまいます。

たまたま1回だけ長すぎる文章を送ってしまったとしてもそれぐらいは気にしないかもしれませんが、1回1回が長すぎてしまうと毎回見るのに疲れてしまいます。

基本的には受け取り側のことを考えてメールと言うのは送らなければいけません。1回1回のメールをケチってしまって結局出会えないのが続いてしまうのであればきちんと受け取り側の気持ちになってメールを送ってあげましょう。

受け取り側の気持ちと言うのは具体的に言うと読みやすく見やすくメールですよね。

大体1回のメールを200文字ぐらいにしておくと見やすいですよね。

送って満足ではなくていかにシンプルでわかりやすくまとめることが出来るかが重要です。

↑ PAGE TOP